2020/07/10 (金) - ブログ

先延ばしやイライラするときの対処法

城東高校・徳島市立高校理数科

県立上位高校(城南・城ノ内・徳島北高)

受験專門塾

碩学ゼミナールの衣笠です。

 

お世話になっています。

以下のご質問を保護者の方から頂きました。

衣笠が以下の返信をしました。保護者の方から許

可をいただいたので衣笠の返信部分だけ公開しま

す。

【保護者の方のご質問】

わが子を見ていると、物事を先延ばしにする傾向

があるように思います。また、『やらなければい

けない』というプレッシャーから、勉強が手につ

かず、イライラしていることがよくあります。ど

のように対処すればよいでしょうか?

【衣笠の回答】

ご質問の現象に対して、対処方法として一番良い

のが「紙に書く」ということです。まず、朝起き

たらその日にやるべきことをノートに書きだす。

その日に出来たら、線を引いて消す。

前日書いて、出来ないで残っている事柄はもう一

度ノートの書き写す。なかなか出来ないで、持ち

越していく事柄は、何日も何度も「やるべきこ

と」としてノートに書き続ける。これをやると1

日全体を見る目が養われます。衣笠も結構長くや

っていました。いまは

スマホのリマインダー機能を使って同じことをし

ています。現在

19件のやるべきことが入力されています。これ

も出来たら、その都度削除しています。

◎または、昨日保護者の方にメールでお送りした

1日のやるべきリストを決めて〇×△をつけてい

くという方法。これは予想以上に本当に効果があ

ります。だいたい最初は15から20くらいの

課題を決めて始めるとよいと思います。

自分と向き合う気持ちさえあれば、1日3分で出

来るので絶対おすすめです。衣笠もやっていたこ

とがあります。効果がありました。

◎または、潜在意識を利用した、やるべきことを

やっていく方法もあります。この塾を開校したと

き生徒にもやらせていました。物凄く効果があり

ました。やり方は簡単。1日の寝る前に、その日

一日を振り返って、その日の感想を3分書く。翌

日どんな1日にしたいか考えて翌日のやるべきこ

と・決意を3分書く。これだけです。

そのとき目標などを書いても効果があります。

我慢して1週間続けると本当に驚くほどの効果が

あります。眠っている間に、寝る前に書いたこと

が潜在意識にまで届いて、次の日は

たとえば「見えない手」が背中をぐいぐい押して

くれるような感じで、やるべきことをテキパキと

こなしていけます。だまされたと思って1週間や

ってみてほしいです。もちろん衣笠もやっていま

した。効果絶大です。

◎物事を先送りしないで、イライラしないで処理

していくために

「瞑想」も役立ちます。YOUTUBEで「瞑

想」と入力すると

たくさん動画が出てきます。1日10分で出来ま

す。簡単です。

5分でもよいでしょう。毎日続けると、雑念が減

って、または雑念を処理する方法が身について、

自分のやるべきことから迷わず動き出すことがで

きると言います.まずはお母様がYOUTUBE

を見られて試されてはいかがでしょうか。グーグ

ルなどのIT企業でも

積極的に取り入れられています。衣笠もやったこ

とはあります。効果があります。以前大阪の勉強

会で一緒になった人は「瞑想スタジオ」を芦屋市

で経営しており、瞑想でダイエットもできると言

っていました(本人もそれで痩せたと)

心理カウンセラー・ラッキーの「瞑想」のやり方

の動画は簡単でかつ効果を感じることができてお

勧めです。他の動画も勉強になるものが多いで

す。以前保護者会で紹介した「言霊」の動画はこ

の人の

動画です。

◎最後に蛇足ですが、思春期の頃においては、食

事も精神のイライラに影響を与えると言います。

気になったら調べてみてください。

◎睡眠不足になると、脳の機能が低下して、食用

を抑える機能が下がり結果肥満になりやすいとい

う研究結果があります。これは

まさに衣笠のことで、前の塾に居た12年前には

衣笠は常に睡眠不足で85キロありました。現在

は69キロくらいですが、今は、食事を抑えよう

と思ったら1日1食で十分生きていけます。それ

も寂しいのでいまは2食くらい食べていますが

(笑)。食事と自分の空腹感と

体重の関係をかなり詳しく具体的に頭に入れてい

るので、これ以上体重が増える心配は全くしてい

ません。医学的には、きちんと対応すれば

高校生の時のベスト体重まで落とせるそうです。

衣笠ですと、それは63キロですが、そこまでは

必要ないと今は自然にしています。

このように紙に書いたり、数字で記録に残せば、

かなり自分を無理なくコントロールしやすくなり

ます。

悩み事、イライラすることを紙に書き出して、な

ぜイライラするかを考えてその解決策を、自分で

考えて書き出すだけで、書くだけで

悩みもイライラも大幅に減るというのは全世界の

大学で何度も実験されて証明されています。

ちなみに衣笠は、他の講師が失敗したりして腹立

った時は

その講師の「良い点」「活躍した点」その講師の

「長所」などをひたすら紙に書いて、心を落ち着

かせてから、その講師に向かい合うようにしてい

ます。

以上まとめて、解決方法の1番は「紙に書く」で

した。

何かの参考になれば幸いです

令和2年7月9日

碩学ゼミナール 衣笠

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

碩学ゼミナール塾長・衣笠 経歴

城西中学・城北高校・立命館大学経済学部卒 / 保険毎日新聞に記者として入社 / 帰省後、県内大手進学塾にて本部長・教務部長・校舎長、

香川7校舎統括責任者。家族(嫁、長女、長男、母)をこよなく愛する。

毎日一人ひとり全員とあいさつをした後、父のお仏壇に手を合わせるのが日課。趣味は読書と野球観戦。好きな食べ物は辛口カレーライス。

元認定教育コーチ・青少年育成協会元研究員・子育てに関しての母親

セミナーも手がける。

1 2 3 4 5 6 112