2020/02/22 (土) - ブログ

中1・中2「国語」基礎学問題分析と(外部生)保護者会

城東高校・徳島市立高校理数科
県立上位高校(城南・城ノ内・徳島北高)
 受験專門塾
    碩学ゼミナールの衣笠です。

 

碩学ゼミナールの国語責任者の秋元が、今年度中1・中2
基礎学「国語」の分析を書いたので紹介します。
定期テストと基礎学力テストは違います。日頃から基礎学力テストを意識した勉強計画を立てていないと、本来持っている「能力」と比べて、基礎学力テストの点数が非常に低いものになってしまいます。
それは、当日のケアレスミスというよりも、それまでの勉強のレベルや準備を問われていると考えた方がよいと思います
そして、この基礎学力テストの点数こそが、その時点での、その生徒の高校入試への「実力」をストレートに表しているということは間違いないです。

 

【 中2 】【 中1 】 基礎学「国語」分析  

碩学ゼミナール 
国語 責任者  秋元典子

 

 

【中2:国語】
大問一は、漢字の問題。
小問1、読み方の問題、小問2、書き問題は、標準的。同音異義・同訓異義語をしっかり書き分けできるようにしておきましょう。
小問3、熟語の構成、主語・述語の関係だが、上が下を修飾する構成と間違いやすいので注意しましょう。
小問4、行書の問題。「くさかんむり」は、筆順の変化が特徴で、書かせる問題としてもよく出るので覚えておきましょう。

大問二は、文学的文章読解の問題。
小問1,2は、語句の問題、慣用句・ことわざ・故事成語は必ず出るので、日頃から勉強しておきましょう。
小問3から小問6は、設問文のキーワードや指定文字数をヒントに探しましょう。

大問三は、説明的文章読解の問題。
小問1、動詞の活用の種類と活用形を答える問題。動詞の5つの活用の種類の特徴、活用形を見分ける特徴もしっかり覚えておきましょう。
小問2、接続詞を選ぶ問題。前後の文がどういう関係になっているかを捉えましょう。
小問3から小問6は、設問文のキーワードや指定文字数をヒントに探しましょう。

大問四は、古文の問題。
内容把握には、注釈を利用し、話のあらすじを捉えること。
小問1は、仮名遣いの基本問題で、日頃から音読をして慣れておきましょう。
小問2、助詞「の」の意味・用法を捉える問題はよく出るので、古文特有の助詞・助動詞の意味や用法を覚えましょう。
小問3、会話文を見つける問題。会話文が長いので、出だしを間違いやすい問題です。
小問6、兼好法師⇒徒然草、清少納言⇒枕草子、頻繁に出る問題です。三大随筆、日記、紀行文など年代と筆者を合わせて覚えておきましょう。

大問五は、作文を書かせる問題。
資料の読み取りは、年度の比較や項目の特徴、数値に着目する。
ひとつの文は短く、主語述語をはっきりさせ、自分の意見をはっきり示しましょう。
条件での「具体的」内容に注意しましょう。

 

 

基礎学「国語」分析

【中1:国語】

大問一は、漢字の問題。
小問1、読み方の問題、小問2、書き問題は、標準的。

大問二は、文学的文章読解の問題。
話の流れを捉えるために、各登場人物の行動や会話を確認しながら読みましょう。
小問1は、文法の問題。単語や文節で区切れるように、勉強しておきましょう。
小問5や小問8は、選択問題だから、各項目を2~3つの部分に分けて正誤を確認しましょう。

大問三は、古文の問題。
小問1、仮名遣いの基本問題で、日頃から音読をして慣れておきましょう。
小問2、動作主を選ぶ問題だが、現代語訳と対応させながら読むことで、内容を理解でき、易しい。
小問3、会話文を見つける問題だが、現代語訳と対応させながら読むことで、内容を理解でき、易しい。
小問4、5は、「醒酔笑」という笑い話のオチがおもしろいところです。

大問四は、説明文的文章読解の問題。
小問1、2は、漢字の部首名、書き順の問題。日頃から正しい書き順で書くことを心がけましょう。部首や書き順は、今後の行書につながります。
小問5は、脱文のキーワード「青い花」から探すとよいでしょう。
小問7は、キーワードが本文でどう使われているかを見つけ、文字数制限を守りまとめましょう。

大問五は、作文を書かせる問題。
ひとつの文は短く、主語述語をはっきりさせ、自分の意見をはっきり示しましょう。
条件での「具体的」内容に注意しましょう。

※中2、中1とも、例年より基本的な内容が問われる問題が多かったので、日頃から国語の読解を勉強している人は、80点~90点が取れる内容です。

 

 

2020年の
碩学ゼミナールのキャッチフレーズは

生徒が幸せになる塾
基礎学力テストの点数が取れる塾
第一志望校合格NO.1の塾です。

ベテラン講師が本当に全力で、持てる力のすべてを出して
生徒の成績向上のために指導しています。

2月22日土曜日
午後7時30分から9時までの
塾外生・保護者会では

徳島県の最新入試事情とともに
碩学ゼミナールの指導理念とその実践
特に基礎学力テストで高得点を取る方法
確実に学校の成績を上げる方法などを
現物資料を示しながら全てお話ししたいと思います。

【小4から中2まで】の【塾生以外】の保護者の方で
興味のある方は、ぜひご参加ください。
教室の関係で定員10名ですが
まだ少し定員に余裕があります
午後2時~6時までの間に
088-677-7232までお電話ください
大歓迎します。
碩学ゼミナール 衣笠

          
碩学ゼミナール塾長・衣笠 経歴
城西中学・城北高校・立命館大学経済学部卒 / 保険毎日新聞に記者として入社 / 帰省後、県内大手進学塾にて本部長・教務部長・校舎長、
香川7校舎統括責任者。家族(嫁、長女、長男、母)をこよなく愛する。
毎日一人ひとり全員とあいさつをした後、父のお仏壇に手を合わせるのが日課。趣味は読書と野球観戦。好きな食べ物は辛口カレーライス。
元認定教育コーチ・青少年育成協会元研究員・子育てに関しての母親
セミナーも手がける。

1 2 3 4 5 6 101